17.10 - オブジェクト定義ステートメント - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

スクリプトの宣言セクションでは、定義ステートメントを使用して、スクリプトで参照されるTeradata PTオブジェクトをすべて定義します。 各種のDEFINE文の必須構文に関する詳細は、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>を参照してください。

定義ステートメントには、以下のものがあります。

  • DEFINE JOB (必須) - Teradata PTジョブに名前を付けますが、スクリプトのファイル名と同じにする必要はありません。 また、オプションとして、使用される文字セットを指定します。 すべてのジョブ オブジェクトの定義および1つ以上の処理ステートメントを含みます。
  • DEFINE SCHEMA (必須) - オペレータが処理するデータのデータ構造を定義します。 ジョブ スクリプトによってアドレスされる一意のデータ構造それぞれで、個別のDEFINE SCHEMAオブジェクトが必要となります。
  • DEFINE OPERATOR (必須) - オペレータを定義し、値を割り当てることができるオペレータ属性を指定します。