17.10 - アクセス モジュールを使用した、外部ターゲットに書き込む前のデータの処理 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

アクセス モジュールは、Teradataのスタンドアロン型ロード ユーティリティおよびアンロード ユーティリティを構成要素に持つ動的接続ソフトウェア コンポーネントです。 一部のアクセス モジュールは、Teradata PTジョブ スクリプトと同時に使用でき、オペレータと様々なタイプの外部データ記憶装置との間の入出力インターフェースを提供します。 アクセス モジュールを使用するオペレータは、使用可能なすべてのアクセス モジュールとインターフェース接続できます。

以下のアクセス モジュールは、データベースから外部のデータ ターゲットにデータを移動するためのジョブの一部として使用できます。

アクセス モジュール 説明
OLE DB フラット ファイルまたはSQL Server、Oracle、ConnixなどのOLE DB準拠のDBMSのテーブルへの書き込みアクセスを可能にします。