17.10 - ジョブ例19: テーブルからのデータのエクスポートと空のテーブルへのロード - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブの目的

データベースのステージング テーブルからデータをエクスポートした後、同じまたは別のデータベースの空の実働テーブルにデータをロードします。

データ フロー図

次の図は、ジョブ例19のジョブ要素を示します。

ジョブ例PTS00022 -- データのエクスポートと実働テーブルへのロード

サンプル スクリプト

このジョブに対応するサンプル スクリプトについては、sample/userguideディレクトリの以下のスクリプトを参照してください。

PTS00022: Teradata Databaseステージング テーブルからのデータ抽出と実働テーブルへのロード

使用理由

このジョブは以下のものを使用します。
  • DDLオペレータ。これは、このオペレータが、ロード前に作業テーブルを削除し、新しいターゲット テーブルを作成できるためです。
  • Exportオペレータ。これは、このオペレータが、大量のデータをデータベースのテーブルから高速に抽出できるためです。
    SQLオペレータは、Exportオペレータよりも低速でデータを抽出します。 ただし、データベースでロード スロットが少ない場合はSQL Selectorオペレータを使用することができます。これは、SQL Selectorオペレータがデータベース ロード スロットを使用しないためです。
  • Loadオペレータ。これは、このオペレータが、大量のデータをデータベースの空のテーブルに高速にロードできるためです。