17.10 - デフォルトのジョブ名による再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブの開始時にtbuild文でジョブ名が指定されない場合、Teradata PTは、ログイン名に基づくデフォルト名をジョブに割り当て、<username>.LVCPという名前のチェックポイント ファイルを作成します。

したがって、同じログイン名で実行されたジョブは、同じ<username>.LVCPファイルを使用することになります。ジョブが失敗した場合には、これが問題となる可能性があります。失敗したジョブに関連したチェックポイント ファイルがチェックポイント ディレクトリ内に残るためです。

失敗したジョブを再始動する前に新しいジョブを開始すると、失敗したジョブのチェックポイント ファイルが新しいジョブによって使用されるため、予測不能なエラーが発生します。そのようなエラーを回避するためには、以下の手順を実行します。

  • 新しいジョブを開始する前に、失敗したジョブを再始動し、完了するまで実行する。
  • 新しいジョブを開始する前には常に、失敗したジョブのチェックポイント ファイルを削除する。 失敗したジョブの再始動をチェックポイント ファイルの削除後にすれば、ジョブは最初から再始動されます。
  • 各ジョブのチェックポイント ファイルの名前が一意になるようにするために、すべてのジョブに対して常にjobnameパラメータを指定します。