17.10 - デフォルトのチェックポイント ファイル名 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

各Teradata PTジョブではジョブの実行中に3つの関連付けられたチェックポイント ファイルが自動的に作成されて、指定されたチェックポイント ディレクトリに格納されます。 ジョブに複数のステップがある場合、これらのチェックポイント ファイルは、複数のジョブ ステップにわたって使用されます。 これらのチェックポイント ファイルは、ジョブがエラーなしで完了した後に自動的に削除されますが、ステップが正常に完了できない場合、チェックポイント ファイルはされず、チェックポイント ディレクトリに残ります。

標準のジョブ チェックポイント ファイルのデフォルトのファイル名の定型は、オペレーティング システムによって次のように異なります。

UNIXおよびWindowsプラットフォームの場合:

  • <ジョブ識別子>CPD1
  • <ジョブ識別子>CPD2
  • <ジョブ識別子>LVCP

ここで、<ジョブ識別子>は、ジョブ名が指定されている場合はtbuildコマンド ラインのジョブ名、ジョブ名が指定されていない場合は、ジョブ ログオンのユーザーIDです。

z/OSプラットフォームでは、チェックポイント データセットは以下のDDNAMEを持ちます。

  • //CPD1
  • //CPD2
  • //LVCP