17.10 - 失敗の原因の特定と修正 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

失敗したジョブの原因となったエラーを特定して修正するためには、次の手順を使用します。

  1. ジョブのログとエラー テーブルにアクセスします。

    パブリック ログとプライベート ログの内容、およびそれらにアクセスする方法については、ジョブ ログのアクセスと使用を参照してください。.

    エラー テーブルの内容、およびそれらにアクセスする方法については、エラー テーブルのアクセスと使用を参照してください。

  2. ログとそれらのログに含まれているエラーを評価します。
    • 最初のジョブ ステップを試行する前にジョブが失敗すると、関連するエラーと警告がパブリック ログに記録されます。 ログ エントリを評価し、必要な修正処置を行ないます。

      この種類の失敗の一般的なエラーの一覧、およびその原因と修正処置については、ジョブの実行が開始できない場合を参照してください。

    • ジョブが実行されても完了しなかった場合、エラーはパブリック ログとプライベート ログに記録されます。

      この種類の失敗の一般的なエラーの一覧、およびその原因と修正処置については、ジョブが完了できない場合を参照してください。

  3. オペレータ エラーがプライベート ログに記録されている場合は、エラーに関する詳細を示すエラー テーブルで対応する情報を評価します。

    エラー テーブルの使用の詳細については、エラー テーブルのアクセスと使用を参照してください。

  4. ジョブ スクリプトでエラーの原因が修正されたら、ジョブを再開します。

    詳細については、ジョブの再始動を参照してください。