17.10 - 許容されるエラー - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ErrorLimit属性を使用すると、データがデータベースに書き込まれるときに一部のデータを読み取ることができなくてもジョブを続行できるように、Consumerオペレータを設定できます。この属性は以下のオペレータに適用されます。
  • Load
  • Stream
  • Update

原因:

データがロードされない理由は様々ですが、データが最初にソース ファイルに入力されたときにスキーマやデータ型の要件に違反していたことに起因する場合が少なくありません。

詳細については、トラブルシューティングのLoad、Stream、Updateの各オペレータに関するセクションを参照してください。

修正処置:
  • オペレータのエラー テーブルを調べて、未処理のデータがないかどうかを確認します。
  • データがロードされなかった原因を特定します。
  • ソース内のデータ エラーを修正するかどうかを検討します。
  • ほとんどの場合、不正データのエラーをクリーンアップし、別のジョブでそのデータをデータベースにロードする必要があります。
  • ErrorLimit属性を低い値にリセットするかどうかを検討します。