17.10 - ジョブ例11: TDCH-TPTインターフェースを使用したHadoopテーブルのロード - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブの目的

TPTスクリプトを複数のジョブ ステップと併用して、以下のタスクを実行します。
  • データベースで新しいテーブルを作成します。
  • Hadoopテーブルからデータを読み取り、データを新しく作成したデータベース テーブルに書き込みます。

データ フロー図

以下の図に、ジョブ例11の要素のフロー図を示します。

ジョブ例PTS00030 – TDCH-TPTインターフェースを使用したHadoopテーブルのロード

サンプル スクリプト

このジョブに対応するサンプル スクリプトについては、sample/userguideディレクトリの以下のスクリプトを参照してください。

PTS00030: TDCH-TPTインターフェースを使用したHadoopテーブルのロード

使用理由

最初のジョブ ステップで、このスクリプトは以下を使用します。
  • DDLオペレータ。ロード前にテーブルを削除/作成できるためです。
2番目のジョブ ステップで、このスクリプトは以下を使用します。
  • ProducerオペレータとしてのDataConnectorオペレータ。 TDCH-TPTインターフェース経由でデータをHadoopテーブルから読み取ることができるためです。
  • コンシューマとしてのLoadオペレータ テンプレート。これは、大量の行をデータベース テーブルに高速に書き込む際に最も高いパフォーマンスを提供するConsumerオペレータであるためです。