17.10 - エラーの記録 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Loadオペレータでは、ジョブの実行中にエラーを取得する2つのエラー テーブルErrorTable1とErrorTable2が自動的に作成されます。それぞれ次のような情報が格納されます。
  • ErrorTable 1:取得エラー テーブル。 データとデータ環境に関連するほとんどのエラーを格納します。 次のタイプのエラーが記載されます。
    • 制約違反 - テーブルの特定の列に定義された範囲や値の制約に違反するレコード。
    • 使用不可AMP - オフラインAMPに関する非フォールバック テーブルに書き込まれるレコード。
    • データ変換エラー - 特定のデータ型への変換に失敗したレコード。
  • ErrorTable 2:固有プライマリ インデックスに違反するすべての行を格納します。

ジョブは、エラー テーブルのデフォルト名を使用するか、オペレータ定義でErrorTable1とErrorTable2 を使用して代替のテーブル名を指定できます。

データベースは、重複行エラーを引き起こしたすべてのレコードを破棄します。ただし、ジョブ終了時のステータス レポートに、検出された重複行の総数と各エラー テーブルのレコード総数をレポートします。

エラー テーブル形式

Loadオペレータのエラー テーブルでは固有の形式が使用されています。
  • 取得エラー テーブルには、以下の列が含まれます。
    内容
    ErrorCode データベースは、オペレーティング システム環境のメッセージ リファレンス マニュアルを参照して、エラー条件コードを返します。
    ErrorFieldName エラー状態の原因となったデータ項目の名前。
    この列の名前でサポートされている最大サイズは120文字です。 名前には128文字まで指定できますが、ErrorTable 1に行が挿入された場合は、データベースによって120文字を超える名前は切り捨てられます。
    DataParcel データ レコード全体、ソースのプロデューサ型オペレータによって提供されます。 DataParcelは、第1エラー テーブルのプライマリ インデックスとして使用されます。 データ レコードの文字列は最大64,000バイトです。この数値は、ジョブを実行しているデータベースのバージョンに依存します。
  • 適用エラー テーブルは、ターゲット テーブルに合わせてフォーマットされます。