17.10 - Teradata PTおよびTeradataユーティリティ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTは、Teradataユーティリティを置き換えます。 例えば、FastLoadを実行する代わりに、Teradata PTではLoadオペレータを使用します。 また、MultiLoadを実行する代わりに、Teradata PT Updateオペレータを使用します。

次のテーブルは、Teradata PTオペレータとTeradataユーティリティを比較したものです。

Teradata PTオペレータ 同等のユーティリティ 目的
DataConnectorオペレータ Data Connector(PIOM) フラット ファイルからのデータの読み取りとフラット ファイルへのデータの書き込みを行ないます。
DataConnectorオペレータと、WebSphere MQ用のTeradata Access Module Data Connector(PIOM)と同じ IBM WebSphere MQからデータを読み取ります。
DataConnectorオペレータと、名前付きパイプ用のTeradata Access Module Data Connector(PIOM)と同じ 名前付きパイプからデータを読み取ります。
DDLオペレータ BTEQ DDL、DCL、および自己格納型のDML SQL文を実行します。
Exportオペレータ FastExport データベースからデータをエクスポートします(大量のエクスポート)。
FastExport OUTMOD Adapterオペレータ FastExport OUTMODルーチン データをファイルに書き込む前に、FastExport OUTMODルーチンでエクスポートしたデータの前処理を行ないます。
FastLoad INMOD Adapterオペレータ FastLoad INMODルーチン FastLoad INMODデータ ソースからデータを読み取り、前処理を行ないます。
Loadオペレータ FastLoad 空のテーブルをロードします(大量のロード)。
MultiLoad INMOD Adapterオペレータ MultiLoad INMODルーチン MultiLoad INMODデータ ソースからデータを読み取り、前処理を行ないます。
ODBCオペレータ OLEDB用Teradata Access Module ODBCドライバを使用するデータベース以外からデータをエクスポートします。
OS Commandオペレータ クライアント ホスト オペレーティング システム ホスト オペレーティング システム コマンドを実行します。
SQL Inserterオペレータ BTEQ SQLプロトコルを使用して、データをデータベース テーブルに挿入します。
SQL Selectorオペレータ BTEQ SQLプロトコルを使用して、データベース テーブルからデータを選択します。
Streamオペレータ TPump SQLプロトコルを使用して、データベース テーブルに継続的にロードします
Updateオペレータ MultiLoad 行の更新、挿入、および削除を行ないます。