17.10 - エラー テーブルの自動削除 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTでは、エラー テーブルに次の規則が適用されます。

  • Teradata PTでは、ジョブが実行されるたびに自動的にエラー テーブルが作成されるため、前のジョブが実行されたときのエラー テーブルは、次にジョブが実行される前に削除する必要があります。
  • Teradata PTでは、ジョブの実行が成功すると(つまりジョブが終了コード0または4で終了すると)自動的にエラー テーブルが削除されます。これには、初回の実行で成功したジョブと、修復後の再実行で成功したジョブが含まれます。
  • Teradata PTでエラー テーブルが自動的に削除されないのは、終了コード8または12でジョブが終了した場合(ジョブのデバッグにエラー テーブルを使用できるようにするため)、またはDropErrorTable属性がいいえに設定されている場合です。