17.10 - エラー テーブルをキュー テーブルとして使用する - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

QueueErrorTable属性をYesに設定すると、Stream オペレータはエラー テーブルをキュー テーブルとして作成します。 エラー テーブルに1つ以上の行が含まれる場合は、エラー テーブルに対して1行に1つのSELECT AND CONSUMEリクエストを発行して、エラー テーブルからその行を取得し、削除してください。

SELECT AND CONSUMEリクエストを使用することの利点は、エラー テーブルから修正する行を取得し、その行を削除する作業を1回の操作で完了できるため、削除のために新たなリクエストを送る手間が省けることにあります。 例えば、5行を含むエラー テーブルの場合、以下のリクエストを5回発行することで、エラー テーブル内の全5行を取得し、削除することができます。

"SELECT AND CONSUME TOP 1 * FROM <error table name>;"

SELECT AND CONSUMEリクエストを実行依頼するには、BTEQを使用してリクエストをデータベースに直接実行依頼するか、SQLリクエストをデータベースに実行依頼するソフトウェア アプリケーションを使用します。詳細については、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語, B035-1146>の「Teradata SQL SELECT文」を参照してください。