17.10 - MaxSessions属性の値の設定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
MaxSessions属性の値を指定する際には、以下の要因を考慮します。
  • MaxSessionsの値を指定しない場合、オペレータは使用可能なAMPごとに1セッションに接続しようとします。
  • DDL、ODBC、SQL Selectorオペレータは、単一の同時セッション(単一ステップ ジョブごとに1セッションまたはマルチステップ ジョブのステップごとに1セッション)に制限されます。
  • オペレータのMaxSessions属性の値がオペレータ インスタンスの数よりも少ない場合、ジョブはアボートします。
  • 使用可能なAMP数を超える値をMaxSessionsオペレータ属性に設定した場合、ジョブは正しく実行されますが、使用可能なAMPと同数のセッションだけにログオンします。
  • ジョブによっては(特に多数のAMPが存在するシステムで実行されるジョブの場合)、デフォルトのセッション割り当て(使用可能なデータベース システムAMPごとに1つ)では有利にならないことがあり、MaxSessions属性値を調整して使用セッション数を制限することが必要になる場合があります。ジョブの実行後に、セッションとインスタンスのバランス化の方策で説明している評価基準に従って、MaxSessions属性の設定を調整して最適化します。
  • StreamオペレータおよびSQL InserterオペレータはSQLプロトコルを使用するため、データベースで"ロード ジョブ"としてみなされません。したがって、StreamオペレータおよびSQL Inserterオペレータは要求された数のセッション(ただし、データベースで許可されるセッション数以下)に接続します。
  • SQL Inserterオペレータで複数のセッションが使用されていて、データのプライマリ インデックス値が重複している場合は、データベース デッドロック2631エラーになる可能性があります。このエラーを避けるため、TPT SQL Inserterオペレータでは複数のセッションを使用しないでください。
  • 複数のセッションが使用されていて、データがデータベース上の同じ行レベル ロックにアクセスすると、ジョブがハングする可能性があります。ハングを回避するには、TPT SQL挿入オペレータで複数のセッションを使用せずに、1つのセッションのみを使用するようにします。