17.10 - チェックポイント オプションの設定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Checkpoint(チェックポイント)は、Teradata PTジョブによって作成されるジョブの再始動ポイントです。何らかの理由でジョブが中断された場合、ジョブの最初からではなくチェックポイントから再始動できます。チェックポイントにより、中断されたジョブでチェックポイント以前に実行された処理をやり直さずに済むことが保証されます。

Teradata PTジョブでチェックポイントが取得されると、現在実行中のジョブ ステップで、Producerオペレータによる出力データ ストリームへの行の送出が停止し、入力データ ストリーム内のすべての行が Consumerオペレータによって処理されます。このとき、データベースの更新か、出力ファイル バッファの消去が行なわれます。 すべての実行オペレータによって、ジョブのチェックポイント ファイルにレコードが書き込まれます。これらのレコードに含まれる情報を使用すると、データの損失や重複なしに、チェックポイントが完了した時点のオペレータ処理を再開できます。

Teradata PTでは、チェックポイント関連の以下のオプションが提供されています。
  • チェックポイント ディレクトリの代替場所を指定する
  • ユーザー定義のチェックポイント間隔を指定する
  • ジョブが自動的に再始動する回数の上限を指定する