17.10 - Consumerオペレータ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

このセクションで説明するTeradata PT Consumerオペレータは、データ ストリームからデータを読み取り、外部ターゲットに書き込みます。

Teradata PTジョブ スクリプトは、APPLY文を使用してConsumerオペレータを呼び出します。SELECT文を使用してプロデューサ オペレータを指定する方法の詳細については、APPLY文のコーディング、および<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>のAPPLY文に関するセクションを参照してください。

次のテーブルで、データベースから外部データ ターゲットにデータを移動する際にコンシューマとして使用できるTeradata PTの各オペレータの機能について簡単な説明および比較を行ないます。

オペレータ 説明
データベース以外のターゲットにデータを書き込むオペレータ
DataConnectorオペレータ データをフラット ファイルに書き込みます。機能は、スタンドアロンのDataConnectorユーティリティと類似しています。
機能:
  • 外部ファイルに直接書き込むか、アクセス モジュールを通じて書き込むことができます。
  • Hadoopのファイルおよびテーブルに書き込みます。
制約:
  • ZIPファイルとGZIPファイルをHadoop/HDFSデータ ソースに書き込むことはできません。

詳細については、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>を参照してください。

データベース以外のターゲットに書き込む前にデータの前処理を行なうオペレータ
FastExport OUTMOD Adapterオペレータ データ ターゲットに書き込む前にデータの前処理を行なうためには、FastExport OUTMODルーチンを使用します。

詳細については、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>を参照してください。