17.10 - アクセス モジュールの指定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
任意選択のアクセス モジュールの使用を指定するには、DataConnectorオペレータ定義で以下の属性を使用します。
  • AccessModuleName

    各アクセス モジュールには、インストールされているオペレーティング システムに応じて、事前に名前が割り当てられています。 例えば、HP-UX Itaniumで動作するJMSアクセス モジュールの名前はlibjmsam.soです。

  • AccessModuleInitStr

    アクセス モジュールの初期化文字列を指定します。

Teradata PTでアクセス モジュールを構成および使用する方法の詳細については、<Teradata® Tools and Utilities Access Moduleリファレンス, B035-2425>を参照してください。

カスタム アクセス モジュールを作成する方法の詳細については、<Teradata® Parallel Transporter Operatorプログラマ ガイド, B035-2435>を参照してください。

z/OSの考慮事項

z/OSプログラム ライブラリ(PDSまたはPDSE)に含まれているアクセス モジュールを使用する場合、AccessModuleName属性によってProducerオペレータに与えられるアクセス モジュール名がライブラリ内でのメンバー名になります。 ライブラリには、システム ライブラリ、プライベート ライブラリ、一時ライブラリがあります。

システム ライブラリにアクセス モジュールが格納されている場合、JCLはそれ以上必要ありません。 しかし、プライベート ライブラリまたは一時ライブラリにアクセス モジュールが格納されている場合、アクセス モジュールが格納されているライブラリを指定するために、ジョブストリーム中にJOBLIB DD文またはSTEPLIB DD文が必要です。 次の例は、Teradata PTジョブストリーム中のプライベート ライブラリに対する標準的なJOBLIB DD文です。

//JOBLIB  DD  DISP=SHR,DSNAME=STV.TI70APP.TWB.LOAD
//        DD  DISP=SHR,DSNAME=STV.TI70APP.APP.L
//        DD  DISP=SHR,DSNAME=PROD.TERADATA.LOAD
説明
  • STV.TI70APP.TWB.LOADは、Teradata PTインストール ライブラリです。
  • STV.TI70APP.APP.Lは、CLIインストール ライブラリです。
  • PROD.TERADATA.LOADは、Teradata関連のすべてのアクセス モジュールが格納されているプライベート ライブラリです。

上記は、これらのライブラリの推奨される連結順序です。