17.10 - 概要 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata PTは、スケーラブルで高速の並列データを提供するオブジェクト指向クライアント アプリケーションです。
  • 抽出
  • ロード
  • 更新

これらの機能は、カスタマイズまたはサードパーティ製品で拡張できます。

Teradata PTでは、FastLoad、MultiLoad、FastExport、TPumpなどの、スタンドアロン ユーティリティとも呼ばれる従来のTeradata抽出およびロード ユーティリティの機能を使用および拡張します。

Teradata PTは以下をサポートしています。
  • プロセス固有のオペレータ: Teradata PTジョブは、オペレータを使用して実行されます。 これらは、特定の抽出、ロード、および更新プロセスを実行する個別のオブジェクト指向モジュールです。
  • アクセス モジュール:これらは、様々なデータ ストアへのTeradata PTアクセスを提供するソフトウェア モジュールです。
  • 並列実行構造: Teradata PTでは、複数の異なるデータ ソースのデータを同時にロードしたり、データベースからデータを抽出したりできます。 また、オペレータの複数のインスタンスを実行して、複数のロードと抽出を同時に実行したり、データのインライン更新を実行することもできます。 Teradata PTでは、スケーラビリティと並列処理により、スループット パフォーマンスが最大化されます。
  • データ ストリームの使用: Teradata PTでは、データをオペレータの複数のインスタンスで共有されるデータ ストリームに分散して、データ並列処理を拡張します。 データ ストリーム処理で中間データ記憶域が不要になります。 データはディスクに書き込まれず、ストリーミングによってプロセスに供給されます。
  • 単一のSQLに似たスクリプト言語:それぞれが独自のスクリプト言語を使用する従来のスタンドアロン ユーティリティとは異なり、Teradata PTは単一のスクリプト言語を使用して、抽出、ロード、および更新操作を指定します。
  • アプリケーション プログラム インターフェース(API): Teradata PTは、スクリプトまたは一連のTeradata PTオープンAPIで呼び出すことができます。 Teradata PTのオープンAPIを使用すると、サードパーティ アプリケーションはTeradata PTオペレータを直接実行できます。 これにより、Teradata PTを拡張できます。