17.10 - 処理ステートメント - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

スクリプトの実行セクションでは、APPLY文でジョブによって実行されるすべての操作と、操作を実行するオブジェクトを指定します。 APPLYの詳細については、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>を参照してください。

処理ステートメントの指定には、以下を含めます。

  • 以下を指定する場合は、APPLY...TOを使用します。
    • データのロードまたは更新に使用するオペレータ
    • オペレータで使用するインスタンス数
    • オペレータ属性値(オプション)
  • 以下を指定する場合は、SELECT...FROMを使用します。
    • データを取得し、必要に応じてフィルタ処理するために使用するオペレータ
    • オペレータで使用するインスタンス数
    • Consumerオペレータに送信するために選択する列
    • オペレータ属性値(オプション)
  • WHERE句、CASE DML式またはCASE値式、SELECT派生列の値を使用して、ソースと宛先の間でデータをフィルタ処理します。データのフィルタリングと条件設定のオプションを参照してください。

各オペレータで使用される並列処理度を設定します。セッションとインスタンスでのジョブ パフォーマンスの最適化を参照してください。