17.10 - アクセス モジュールを使用した外部データ ソースからのデータの読み取り - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

アクセス モジュールは、Teradataのスタンドアロン型ロードおよびロード解除ユーティリティの動的接続ソフトウェア コンポーネントです。一部のアクセス モジュールはTeradata PTと併用でき、オペレータとさまざまなタイプの外部データ記憶装置との間の入出力インターフェースを提供します。アクセス モジュールを使用するオペレータは、利用可能なすべてのアクセス モジュールとインターフェース接続できます。

使用するアクセス モジュールのTeradata Parallel Transporterバージョンを必ず指定してください。

以下のアクセス モジュールは、外部データ ソースからデータベースにデータを移動するためのジョブの一部として使用できます。

アクセス モジュール 説明
Teradata Access Module for JMS JMS対応のあらゆるメッセージング システムへのアクセスを可能にします。 JMSトランザクション メッセージを読み取り、データベースに転送するために、データをDataConnector Producerオペレータに送信します。

Teradata Access Module for JMSは、チェックポイント機能と再始動機能をサポートするフォールバック データ ファイルにメッセージ スループット データ ストリームをキャッシュします。

Teradata Access Module for Named Pipes 名前付きパイプのデータへのアクセスを可能にし、DataConnector Producerオペレータに送信します。

Teradata Access Module for Named Pipesも、チェックポイント機能と再始動機能をサポートするフォールバック データ ファイルにパイプから入力されるデータをキャッシュします。

このアクセス モジュールは、z/OSプラットフォームでは利用できません。

Teradata Access Module for OLE DB ConnixやSQL Serverなど、OLE DB Providerアプリケーションのデータに対する読み取りアクセスを可能にします。外部データ ストア内のフラット ファイル、スプレッドシート、データベースにアクセスできます。
Teradata Access Module for WebSphere MQ IBM WebSphereMQのトランザクション データへのアクセスを可能にします。

Teradata Access Module for WebSphere MQも、チェックポイント機能と再始動機能をサポートするフォールバック データ ファイルに出力メッセージ ストリームをキャッシュします。