17.10 - APPLY文のコーディング - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
通常、APPLY文は2つの部分に分かれています。これらは以下に示す順序で指定する必要があります。
  1. ターゲットにデータを書き込むConsumerオペレータに対して適用するINSERT、UPDATE、DELETEなどのDML文(次の図を参照)。 このステートメントには、CASEまたはWHEREなどの条件句を含めることもできます。
    複数のINSERT文

  2. ほとんどのジョブでは、APPLY文に読み取りアクティビティも含まれ、Producerオペレータを参照するSELECT FROM文が使用されています。 APPLY文でStandaloneオペレータを使用している場合、SELECT FROM文は必要ありません。
    次の図では、SELECT文にUNION ALL文も含まれており、別々のソースに対してそれぞれ独自のオペレータを使用した2回のSELECT操作によって得られた行が結合されています。
    APPLY文中のSELECT文