17.10 - SQL Selectorオペレータ エラー - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL SelectorオペレータがLOB、JSONまたはXMLデータを取得しているときにデータベースでエラーが発生すると、エラー メッセージが発行され、ジョブが終了します。

クライアント側でエラーが発生すると(LOB、JSONまたはXMLデータをファイルに書き込み中にI/Oエラーが発生した場合など)、SQL Selectorオペレータは説明のエラー メッセージを発行し、ジョブを終了します。

クライアント側の失敗が原因でSQL Selectorオペレータがジョブを終了した場合、SQL Selectorオペレータがソース テーブルからターゲットへLOB、JSON、またはXMLデータを転送するために作成した一時作業ファイルが削除されないことがあります。
  • ターゲットが別のデータベース テーブルである場合、つまり、 ConsumerオペレータがSQL Inserterオペレータである場合、そのオペレータはエラーの終了時にこれらの一時作業ファイルを削除します。
  • ターゲットがフラット ファイルの場合、つまり ConsumerオペレータがDataConnectorオペレータである場合、一時作業ファイルは削除されず、ジョブの終了後も残ります。これらのファイルは手動で削除する必要があります。