17.10 - Updateオペレータを使用したデータの削除 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Updateオペレータを使用してデータベースからデータを削除する場合は、UpdateオペレータにDeleteTask属性を設定します。 Updateオペレータは、削除を実行する場合にデータが必要であるかどうかに応じて、Standaloneオペレータまたは Consumerオペレータとして機能します。

DeleteTask機能の使用時は、以下の点を考慮してください。
  • DeleteTask機能は、データベース ビューには使用できません。
  • 特別なセッションが1つだけ接続されます。
  • インスタンスは1つだけ指定できます。
  • DMLグループは1つだけ指定できます。
  • DMLグループ内でDML DELETE文は1つだけ指定できます。
  • ターゲット テーブルは1つだけ指定できます。
  • 最初のエラー テーブル(取得エラー テーブル)は使用されずに無視されます。
  • WHERE句を使用する場合、データ レコードは1つだけ指定できます。 例えば、(Producerオペレータから)データ ストリームには複数の行を送信できますが、最初の行だけが使用されます。

スタンドアロンのUpdateオペレータでのDELETEタスクの使用の詳細については、<Teradata® Parallel Transporterリファレンス, B035-2436>を参照してください。