17.10 - ジョブ「キャッチ アップ」の再始動 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のステップは、「キャッチ アップ」を実行するためのロード プロトコルの切り替えです。

  1. 現在のジョブをTERMINATEコマンドで終了します。 これによってジョブが終了する前に強制的にチェックポイントを設定できます。
  2. ジョブ変数ファイルのオペレータを変更するか、新しいオペレータがある別のジョブ変数ファイルでロード プロトコルを切り替えます。 後者のやり方がお勧めですが、これは既存のジョブ変数ファイルがユーザーによって変更されるのを防ぐことができるからです。
  3. 同じジョブを同じコマンド オプションで再サブミットします。
    前回の実行で残ったTeradata PTチェックポイント ファイルをクリーンアップしないでください。

    「キャッチ アップ」はジョブの再始動に非常によく似ているため、先のステップは簡単に自動化できます。 ほとんどの「キャッチ アップ」では、元のスクリプトを変更する必要はありません。 その理由は、使用するスクリプト言語が1つであること、外部ジョブ変数で変更結果を1箇所にまとめていること、そしてチェックポイント再始動のプロトコルがオペレータ間で共通であるということに尽きます。