17.10 - Teradata PT ジョブ スクリプト内でのオペレータ定義 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata PTオペレータは、ジョブ スクリプトの宣言セクションで、DEFINE OPERATOR文を使用して定義する必要があります。

Teradata PTジョブ スクリプトでオペレータを定義する場合は、次の手順を使用してください。

  1. DEFINE OPERATOR文の構文については、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>を参照してください。
  2. 必須の構文要素を次のように指定します。
    • オペレータ名 (225文字以下でスペースを含まない)。ジョブ ステップでオペレータを参照するときに使用する名前です。
    • operator TYPE。LOAD、UPDATEなどを指定します。
    • スキーマ名。次のいずれかを指定します。
      • 事前定義のスキーマ オブジェクトの名前
      • 遅延スキーマ指定(SCHEMA *を使用)
      • 列定義をすべて含んだ明示的スキーマ定義
      Standaloneオペレータはデータの抽出/ロードを行なわないため、スキーマは指定しません。
    • 値が関連付けられている、オペレータに必須のすべての属性の宣言。

      すべての必須の属性には、DEFINE OPERATOR文で関連付けられた値が必要です。

      属性の定義と構文については、<Teradata Parallel Transporterリファレンス、B035-2436>を参照してください。

    • 値の割り当て(オプション)がある、オペレータにとって意味のある任意の属性の宣言。
      Teradata PTジョブ スクリプトでoperator nameを定義した後に定義できるoperator description(オプション)には、同じオペレータ型の他のオペレータと区別するためにオペレータに関する簡潔な説明を入れます。 たとえば、複数のLoadオペレータの定義で、各Loadオペレータが固有の種類のロード ジョブを実行するように設定できます。