17.10 - ジョブ変数のセットアップ - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)
ジョブ変数は、以下の場所でセットアップできます。
  • ジョブ スクリプト内: ジョブ変数の値の指定場所として優先順位が最下位なのは、ジョブ スクリプト内部で指定する方法です。 その場合、以下の例のようにDEFINE JOB文の前にオプションのSET宣言を指定してください。
    SET MyTdpId = 'database1';
    	SET MyUserName = 'johndoe';
    	SET MyUserPassword = 'johndoe';
    
    	DEFINE JOB CREATE_SOURCE_EMP_TABLE
        (
    	  DEFINE OPERATOR DDL_OPERATOR
    	  DESCRIPTION 'Teradata Parallel Transporter DDL Operator'
    	  TYPE DDL
    	  ATTRIBUTES
    	  (
    		VARCHAR TdpId = @MyTdpId,
    		VARCHAR UserName = @MyUserName,
    		VARCHAR UserPassword = @MyUserPassword
    	  );
    
    	  APPLY
    	    ('DROP TABLE SOURCE_EMP_TABLE;'),
    	    ('CREATE TABLE SOURCE_EMP_TABLE(EMP_ID INTEGER, EMP_NAME
    	CHAR(10));'),
    		('INSERT INTO SOURCE_EMP_TABLE(1,''JOHN'');'),
    		('INSERT INTO SOURCE_EMP_TABLE(2,''PETER'');')
          TO OPERATOR (DDL_OPERATOR);
    	);
  • グローバル ジョブ変数ファイル: ジョブ変数の値の指定場所として優先順位が下から2番目なのは、グローバル ジョブ変数ファイル内部で指定する方法です。 グローバル ジョブ変数ファイルは、すべてのeradata PTジョブによって読み取られます。 共通の、システム全体のジョブ変数をこのファイル内に入力してから、GlobalAttributeFileパラメータを使用して、グローバル ジョブ変数のパスをTeradata PT構成ファイル内で指定します。 例えば、グローバル ジョブ変数で以下のようにテキストを指定します。
    MyTdpId    = 'database1',
    MyUserName = 'johndoe',
    MyUserPassword = 'johndoe'
    グローバル ジョブ変数ファイルはUNIXおよびWindowsシステムで使用できます。
  • ローカル ジョブ変数ファイル: ジョブ変数の値の定義方法として優先順位が2番目で最もよく使用されるのは、ローカル ジョブ変数ファイル内にジョブ変数の値を格納することです。コマンド ラインで-vオプションを次のように使用して、ジョブ変数の値が入っているローカル ジョブ変数ファイルを指定できます。
    tbuild -f weekly_update.txt -v jobvars.txt
    例えば、jobvars.txtファイルに以下のようなテキストを指定します。
    MyTdpId    = 'database1',
    MyUserName = 'johndoe',
    MyUserPassword = 'johndoe'
    多くのジョブ変数ファイルはスクリプトのコマンド ラインで宣言することもできます。
    tbuild -f weekly_update.txt -v jobvars_def.txt -v jobvars_user_info.txt
    例えば、jobvars_def.txtファイルに以下のようなテキストを指定します。
          SourceFileName = 'flatfile1.dat',
          Format = 'delimited',
          TextDelimiter  = '|',
          SourceOpenMode = 'Read'

    また、jobvars_user_info.txtファイルに以下のようなテキストを指定します。

          MyTdpId = 'database1',
          MyUserName = 'johndoe',
          MyUserPassword = 'johndoe'
    • コマンド ラインで宣言された複数のジョブ変数ファイルは、1つの大きなジョブ変数として動作します。
    • 複数のジョブ変数ファイルを定義する場合は、ジョブ変数の使用の注意事項で説明されているように、すべてのファイルのソースの優先順位値が同じになります。複数のファイルのジョブ変数を再定義すると、Teradata PTでエラーとして認識されます。
    • z/OSでは、ATTRFILEのDDNAMEによってローカル ジョブ変数ファイルを指定します。
  • コマンド ラインで:ジョブ変数の指定方法として優先順位が最も高いのは、-uオプションを使用してコマンド ラインの引数として渡す方法です。
    tbuild -f weekly_update.txt -u "MyTdpId = 'database1', MyUserName = 'johndoe', MyUserPassword = 'johndoe'"

    コマンド ラインによるジョブ変数の指定方法の詳細については、コマンド ラインにおけるジョブ変数の割り当てを参照してください。

詳細については、ジョブ変数ファイルのセット アップを参照してください。