17.10 - 例 – 非オペレータ属性のジョブ変数の指定 - Parallel Transporter

Teradata® Parallel Transporter ユーザー ガイド

Product
Parallel Transporter
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
ユーザー ガイド
Publication ID
B035-2445-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

ジョブ変数は、通常、オペレータ属性の値を指定するために使用しますが、オブジェクト名や、その他スクリプト パラメータを指定するときにも使用できます。次の例では、@ConsumerOperatorと@ProducerOperatorの値は、グローバル ジョブ変数ファイル内、ローカル ジョブ変数ファイル内、tbuildコマンド内、またはSET命令を使用したジョブ スクリプト内で割り当てることができます。

 APPLY
      'INSERT INTO TABLE xyz (:col1, :col2);'
      TO OPERATOR ( @ConsumerOperator [1] )
      SELECT * FROM OPERATOR ( @ProducerOperator[2] );

ジョブ変数は、DML文とDDL文の引用符で囲まれた文字列の中で使用することもできます。

'INSERT INTO TABLE ' || @TargTable || ' (:col1, :col2, . . ., :coln);'