17.00 - 17.05 - Teradataライブラリ関数の呼び出し - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ほとんどの場合、CLIv2を使用する外部ストアド プロシージャでTeradataライブラリ関数を呼び出すと、貴重なコンテキストの切り替えが複数回発生します。これは、外部ストアド プロシージャでは、別のインターフェース モードを使用して、ほとんどのTeradataライブラリ関数を実行するためです。

また、Teradataライブラリ関数の中には、外部ストアド プロシージャが未処理のCLIv2リクエストを呼び出す際に、これらが完了するまで待機することを要求するものがあります。

追加のオーバーヘッドが発生しないFNC_mallocおよびFNC_freeは例外です。

CLIv2を使用してSQLを実行する外部ストアド プロシージャでは、Teradataライブラリ関数の使用を慎重に検討してください。

未処理のCLIv2リクエストが完了するまで、その呼び出しを待機する必要があるライブラリ関数については、Cライブラリ関数を参照してください。