17.00 - 17.05 - 動的なUDTを使用するCスカラー関数 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

この例では、動的なUDTの入力引数を処理するadd_intと呼ばれるUDFの記述方法について説明します。UDFのadd_intは、属性の次の型を自由に組み合わせて作られた動的なUDTを処理できます。

UDFのadd_intは、動的なUDTのすべての属性の値を合計し(属性が数値で表現されていないものについては、文字列が整数値を表わすものと想定)、結果を返します。
  • BYTEINT
  • SMALLINT
  • INTEGER
  • CHAR
  • VARCHAR
  • CLOB