17.00 - 17.05 - GLOPマッピング - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

GLOPマッピングは、特定の型のGLOPデータ(例えばロール型のデータやユーザー型のデータ)をマップするために定義します。システムは、外部ルーチンが実行するコンテキストを使用して、外部ルーチンがアクセスできる実際のデータをマップします。

例えば、ロール型のデータにGLOPマッピングを定義できます。システムが特定の外部ルーチンの呼び出し用にマップする実際のGLOPデータは、外部ルーチンを実行するユーザーの現在のロールによって異なります。ユーザーにロールがないか、ユーザーの現在のロール用のGLOPデータがない場合、外部ルーチンはロール型のデータにアクセスしません。

次の図は、3つの異なるGLOPマッピングがシステム テーブルに保管されている実際のデータにどのようにマップする可能性があるかを示しています。


GLOPマッピングの3つの可能性