17.00 - 17.05 - tdr.SetOutputColDef - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

出力ストリームのスキーマを設定します。

構文規則

tdr.SetOutputColDef(  streamno,  coldef  )
streamno
パラメータ型: integer

出力ストリーム番号。

coldef
パラメータ型: list
ストリームのスキーマ。このスキーマは、列数と各列の定義を含むリストです。各定義には以下の列情報が含まれています。
  • タイプ

    有効なデータ型値は、sqltypes_td.hヘッダー ファイルのdtype_en列挙定数で以下のように定義されます。

  • サイズ(バイト)
  • テキスト フィールドの文字型:
    • LATINの場合は1
    • UNICODEの場合は2

使用上の注意

この関数は、コントラクト関数から呼び出された場合にのみ有効です。

関数がテーブル演算子から呼び出された場合は、エラーが発生します。

例: 出力ストリームの列定義の設定

この例では、3つの属性(COL1 int、COL2 real、COL3 varchar(30))を持つ出力ストリームの列定義を設定します。

stream <- 0;
integer = list( datatype="INTEGER_DT", bytesize=4 );
real <- list( datatype="REAL_DT", bytesize=8 );
varchar30 <- list(datatype="VARCHAR_DT", charset="LATIN_CT", size.length=30);
coldef <- list(COL1=integer, COL2=real, COL3=varchar30);
tdr.SetOutputColDef(stream, coldef);