17.00 - 17.05 - Java UDFの実行環境 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseでは、Java外部ルーチン(UDFと外部ストアド プロシージャ)を実行できる2タイプのサーバーをサポートしています。Java UDFを実行するサーバーのタイプは、CREATE FUNCTION文またはREPLACE FUNCTION文でEXTERNAL SECURITY句が指定されているかどうかにより決まります。

CREATE/REPLACE FUNCTION文 Teradata Databaseの動作
EXTERNAL SECURITY句を指定する CREATE AUTHORIZATION文またはREPLACE AUTHORIZATION文によって確立された特定のネイティブ オペレーティング システム ユーザーの許可の下で、別個のセキュア サーバーを使ってUDFを実行します。
EXTERNAL SECURITY句を指定しない 'tdatuser'という名前のオペレーティング システム ユーザーの許可の下でハイブリッド サーバーのスレッドとしてUDFを実行します。

CREATE FUNCTION文またはREPLACE FUNCTION文でEXTERNAL SECURITY句を指定する必要があるかどうかは、UDFが実行中にアクセスする必要のあるリソースのタイプによります(リソースがある場合)。詳細については、リソース アクセスを参照してください。