17.00 - 17.05 - パラメータ型のデフォルト マッピング規則 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Javaメソッドのパラメータ リストで使用されるデータ型は、CREATE FUNCTIONまたはREPLACE FUNCTION文のパラメータ リストではSQLデータ型にマッピングされます。

スカラーUDFに対してCREATE FUNCTION文を使った次の例を見てください。

CREATE FUNCTION factorial
  (x INTEGER)
RETURNS INTEGER
LANGUAGE JAVA
NO SQL
PARAMETER STYLE JAVA
RETURNS NULL ON NULL INPUT
EXTERNAL NAME 'JarUDF:UDFExample.fact';

このパラメータ リストでは、xのSQLデータ型はINTEGERと指定されています。UDFを実装するfactメソッドのシグネチャは次のようになります。

public static int fact( int x ) { ... }

デフォルトのマッピング規則は単純なマッピングで、SQLデータ型がJavaプリミティブにマッピングされます。SQLデータ型に適切にマッピングできるJavaプリミティブが無い場合は、デフォルトのマッピング規則はオブジェクト マッピングになり、SQLデータ型がJavaクラスにマッピングされます。

DECIMAL値を取るfactorial指定のUDFを紹介します。

CREATE FUNCTION factorial
  (x DECIMAL(8,2))
RETURNS INTEGER
LANGUAGE JAVA
NO SQL
PARAMETER STYLE JAVA
RETURNS NULL ON NULL INPUT
EXTERNAL NAME 'JarUDF:UDFExample.fact';

DECIMAL型は的確にJavaプリミティブにマッピングできないため、DECIMAL型はjava.math.BigDecimalにマッピングされます。UDFを実装するfactメソッドのシグネチャは次のようになります。

public static int fact( BigDecimal x ) { ... }

SQLデータ型がJavaデータ型にマッピングされる仕組みについては、SQLデータ型のマッピングを参照してください。