17.00 - 17.05 - 関数パラメータ リスト - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFでは、ARRAY型の引数および戻り値を定義し、それらをハンドルで渡すことができます。

ここでは、ARRAY型を使用するスカラー関数の宣言方法の例を示します。

/*****  C source file name: MyArrayUDF.c  *****/
   
#define SQL_TEXT Latin_Text
#include <sqltypes_td.h>
   
void MyArrayUDF( ARRAY_HANDLE   *ary_handle,
                 VARCHAR_LATIN  *result,
                 int            *indicator_ary,
                 int            *indicator_result,
                 char           sqlstate[6],
                 SQL_TEXT       extname[129],
                 SQL_TEXT       specific_name[129],
                 SQL_TEXT       error_message[257])
{
     ...
}

次の文では、CHAR型の構成要素の型を保持する、phonenumbers_aryという1-DのARRAYデータ型を作成します。

/* Oracle-compatible syntax: */
CREATE TYPE phonenumbers_ary AS VARRAY(5) OF CHAR(10);
/* Teradata syntax: */
CREATE TYPE phonenumbers_ary AS CHAR(10) ARRAY[5];

MyArrayUDF関数の入力パラメータの型としてphonenumbers_aryを使用する場合、それに対応するCREATE FUNCTION文は次のようになります。

CREATE FUNCTION MyArrayUDF( a1 phonenumbers_ary )
        RETURNS VARCHAR(100)
        NO SQL
        PARAMETER STYLE SQL
        DETERMINISTIC
        LANGUAGE C
        EXTERNAL NAME 'CS!MyArrayUDF!MyArrayUDF.c!F!MyArrayUDF';

ARRAY_HANDLE Cデータ型の詳細については、Cデータ型を参照してください。