17.00 - 17.05 - リテラル引数としてNULLを使用する場合の動作 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

入力引数のいずれかにNULLキーワードが使用された場合の動作は、CREATE FUNCTION文のRETURNS NULL ON NULL INPUTオプションとCALLED ON NULL INPUTオプションによって決まります。

入力引数がNULLキーワードの場合に、対応するCREATE FUNCTION文の指定内容 パラメータ スタイル 結果
RETURNS NULL ON NULL INPUT SQL または TD_GENERAL 関数は評価されず、結果は常にNULLになります。
CALLED ON NULL INPUT SQL 該当するインジケータをNULL標識に設定して関数が呼び出されます。
TD_GENERAL エラーが報告されます。
テーブル関数の場合、パラメータ スタイルは常にSQLです。

CREATE FUNCTION文にRETURNS NULL ON NULL INPUTもCALLED ON NULL INPUTも指定されていない場合のデフォルトは、CALLED ON NULL INPUTです。

リテラル引数としてのNULLは、任意のデータ型のパラメータと互換性があります。例えば、以下のスカラー関数があるとします。

CREATE FUNCTION sales( p1 INTEGER, p2 DECIMAL(2,0), p3 VARCHAR(20) )
RETURNS INTEGER
LANGUAGE C
NO SQL
PARAMETER STYLE SQL
EXTERNAL;

以下のようにNULLキーワードは任意の関数引数として渡すことができ、いずれも正常に動作します。

SELECT sales(3, NULL, 'UPD PRD-3011');
SELECT sales(NULL, NULL, NULL);

呼び出す関数をTeradata Databaseが明確に識別できない場合、オーバーロード関数への引数としてNULLキーワードを渡すと、エラーが発生することがあります。詳細は、オーバーロード関数の呼び出しを参照してください。