17.00 - 17.05 - XML - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Cデータ型定義

typedef int XML_HANDLE;

使用

XMLインスタンスを引数として渡す場合や、XML型の結果を返す場合は、XML_HANDLEデータ型を使用します。

ここでは、UDF定義でXMLパラメータを使用する例と、C関数宣言でXML_HANDLEを使用する例を示します。

SQL関数定義 対応するC関数宣言
CREATE FUNCTION F1 (A XML(100))
RETURNS XML(100)
 ...;
void f1( XML_HANDLE *a,
         XML_HANDLE *result,
         ... )
{  ... }

UDF、UDM、および外部ストアド プロシージャは、XMLデータを、VARCHAR、CLOB、VARBYTE、またはBLOB値として処理することもできます。XMLSERIALIZE関数を使用することにより、XML値を外部ルーチンに渡す前にVARCHAR、CLOB、VARBYTE、またはBLOB値にシリアライズすることができます。CREATEXML関数を使用することにより、外部ルーチンの結果からXML型値を生成することができます。

XMLSERIALIZE関数とCREATEXML関数の詳細について、<Teradata Vantage™ - XMLデータ型、B035-1140>を参照してください。

したがって、XML_HANDLEデータ型だけでなく、次のCデータ型をXMLを処理するUDF、UDM、および外部ストアド プロシージャのパラメータおよび戻り型として使用することができます: