17.00 - 17.05 - 内部データと外部データ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下のルールが、内部データと外部データに適用されます。

UDFのアクセス 関数での規則
スカラー関数 グローバル持続(Global and Persistent: GLOP)データ機能を使用していない場合は、関数呼び出し間でグローバル データを保持できません。詳細については、グローバル持続データを参照してください。
集約関数 部分的に集約されたデータを保持するための中間記憶域を使用できます。
テーブル関数 進行状況を追跡するスクラッチパッド メモリを使用できます。

関数に静的変数を含めることはできません。関数に静的定数を含めることは可能です。

CREATE FUNCTION/REPLACE FUNCTION文中でExternal Data Access句を指定することにより、関数や外部ストアド プロシージャとTeradata Databaseに対して外部のデータとの関係を定義することができます。

指定するオプションにより、次のことが決定されます。
  • 外部ルーチンが外部データを読み取りまたは変更できるかどうか
  • データベースの再始動後に、データベースが関数またはプロシージャに関するリクエストの再ドライブを行なうかどうか
再ドライブ保護が有効な場合、システムでは完了したSQLリクエストに対する応答を保持し、データベースの再始動時に未完了のリクエストを再実行します。ただし、外部ルーチンのEXTERNAL DATA ACCESS句がMODIFIES EXTERNAL DATAオプションで定義されている場合、データベースではその関数またはプロシージャに関するリクエストを再ドライブしません。再ドライブ機能の詳細については、次を参照してください。
  • Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093
  • <Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>の「RedriveProtection」および「RedriveDefaultParticipation DBS」制御フィールド

EXTERNAL DATA ACCESS句を指定しない場合のデフォルトは、NO EXTERNAL DATAです。

以下のテーブルに、EXTERNAL DATA ACCESS句のオプション、およびデータベースの外部ルーチンに対するそれらのオプションの使用方法について説明します。

オプション 説明
MODIFIES EXTERNAL DATA ルーチンはデータベースの外部データを変更します。この場合、変更という語には、削除操作、挿入操作、および更新操作が含まれます。
データベース障害の発生後、データベースでは、このオプションで定義されている関数または外部ストアド プロシージャに関するリクエストを再ドライブしません。
NO EXTERNAL DATA ルーチンはデータベースの外部データにアクセスしません。これは、デフォルトです。
READS EXTERNAL DATA ルーチンはデータベースの外部データを読み取りますが、そのデータを変更することはしません。

詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>の「CREATE FUNCTION (外部形式)/REPLACE FUNCTION (外部形式)」を参照してください。