17.00 - 17.05 - FNC_GetXML - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

XML型の値を取得します。

構文

void
FNC_GetXML(XML_HANDLE       xmlHandle,
           unsigned char  *xmlBuffer,
           int              xmlBufferSize,
           int            *xmlSize)
XML_HANDLE xmlHandle
外部ルーチンへの入力パラメータとして定義されたXML型へのハンドル。
unsigned char *xmlBuffer
XML文字列を保持するバッファへのポインタ。
int xmlBufferSize
FNC_GetXMLに渡されるxmlBufferのバイト単位のサイズ。
int *xmlSize
FNC_GetXMLによって返されるXML文字列のサイズ(バイト単位)。

使用上の注意

FNC_GetXMLは、XML型の値を取得するために使用されます。値はUNICODE文字セットになります。XML型のXML_HANDLEはポインタとともに入力としてバッファ(xmlBuffer)、およびそのバッファのサイズ(xmlBufferSize)に渡されます。xmlBufferSizeの大きさはXML値の保持に十分である必要があります。

XML値には整形式ではないXMLデータのみを含めることができることに注意してください。

FNC_GetXMLはインラインXML値(サイズが64K未満のXML値)にのみ使用できます。FNC_GetXMLInfoを使用してXML値の最大長を決定できます。FNC_GetXMLをLOBベースのXML値と使用するとエラーが発生します。