17.00 - 17.05 - 関数名のオーバーロードの代替手段としての動的UDTの受渡し - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

関数のオーバーロードを利用すると、アプリケーションは1つのSQL UDFを呼び出し、実行時に決定されたデータ型の引数を受け渡すことができるようになります。

ただし、CやC++の関数を定義する際に、多数の異なるパラメータ型の組み合わせを取り扱うことになり、記述が分かりにくくなる場合があります。

関数のオーバーロードの代替手段として、動的なユーザー定義型(UDT)として定義され、最大で8つのパラメータを持つCまたはC++の関数を使用することができます。

動的なUDTの使用方法の詳細については、UDT型を使用する関数の定義を参照してください。