17.00 - 17.05 - サポートするウィンドウ タイプ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

集約関数にはウィンドウ指定を適用できます。集約UDFでサポートしているウィンドウのタイプは、次のとおりです。

ウィンドウ タイプ 集約グループ パーティション戦略
レポート ウィンドウ ROWS BETWEEN UNBOUNDED PRECEDING AND UNBOUNDED FOLLOWING ハッシュ パーティション
累積ウィンドウ ROWS BETWEEN UNBOUNDED PRECEDING AND CURRENT ROW

または

ROWS BETWEEN CURRENT ROW AND UNBOUNDED FOLLOWING

ハッシュ パーティション
移動ウィンドウ
  • ROWS BETWEEN value PRECEDING AND CURRENT ROW
  • ROWS BETWEEN CURRENT ROW AND value FOLLOWING
  • ROWS BETWEEN value PRECEDING AND value FOLLOWING
  • ROWS BETWEEN value PRECEDING AND value PRECEDING
  • ROWS BETWEEN value FOLLOWING AND value FOLLOWING
ハッシュ パーティションおよび値パーティション

集約UDFでサポートしていないウィンドウのタイプは、次のとおりです。

ウィンドウ タイプ 集約グループ
移動ウィンドウ
  • ROWS BETWEEN UNBOUNDED PRECEDING AND value FOLLOWING
  • ROWS BETWEEN value PRECEDING AND UNBOUNDED FOLLOWING

パーティションは、ホットAMP状態を回避するために役立ちます。ホットAMPとは、PARTITION BY句の列の値が結果的に同一のパーティション(AMP)に大量に配分されてしまう状況です。ホットAMPとは、PARTITION BY句の列の値が原因となり、大量の行が同一のパーティション(AMP)に大量に配分されてしまう状況です。レポート集約や累積集約の場合は、メソッドがPARTITION BY句に適切な列のセットを使用して、潜在的なスキュー状態を回避することを確認する必要があります。詳細は、<Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部、B035-1145>の「ウィンドウ指定のパーティション化列のデータおよびリソースの影響」を参照してください。