17.00 - 17.05 - setArray_nD(Object, List<Integer>, List<Integer>) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

arrayElementsで渡された要素値を使用して、Arrayオブジェクトによって指定されたSQL ARRAY値の部分を設定します。変更される要素の部分は、lowerBoundsで指定される下限座標とupperBoundsで指定される上限座標によって指定されます。

  • このメソッドはN-D配列のみをサポートします。
  • lowerBoundsおよびupperBoundsによって指定される座標が-1に設定される場合、Arrayオブジェクトは最も低い座標値から完全に上書きされます。
  • このルーチンは、配列の要素の完全部分より少ない部分を設定する場合があります。配列の境界外の部分のセクションは無視されます。

構文

void setArray(Object  arrayElements,
              List<Integer>  lowerBounds,
              List<Integer>  upperBounds)
                throws SQLException

パラメータ

arrayElements
設定する要素値のJava配列で構成されるオブジェクト。
lowerBounds
スライスに設定する最初の要素の配列インデックス。
upperBounds
スライスに設定する最後の要素の配列インデックス。

例外

次の場合にSQLExceptionをスルーします:
  • メソッドは1-D配列に対して呼び出されます。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY)< <Method> cannot be called for 1-D Arrays >"が返されます。
  • 配列にアクセスしようとするとエラーが発生します。データベース固有コード"9743 (ERRUDFJAVARRAY) <Failed to set elements of the array>"が返されます。