17.00 - 17.05 - I/O - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部ストアド プロシージャは、標準入出力またはネットワーク入出力を実行できません。

以下の状況では、外部ストアド プロシージャは、入出力を実行するか、オペレーティング システムと対話して、オペレーティング システムがファイル ハンドルやオブジェクト ハンドルなどのリソースを保持するようにできます。

CREATE PROCEDURE文またはREPLACE PROCEDURE文の動作 外部ストアド プロシージャ
EXTERNAL SECURITY句を指定する CREATE AUTHORIZATION文またはREPLACE AUTHORIZATION文によって確立された特定のネイティブ オペレーティング システム ユーザーの許可の下で別個のプロセスとして実行されます。

外部ストアド プロシージャは、ユーザーが権限を持つシステム リソースにアクセスできます。

プロシージャは、完了前にオープンしているリソースを解放する(つまり、ハンドルを閉じる)必要があります。

EXTERNAL SECURITY句を指定しない 外部ストアド プロシージャが保護実行モードで実行される場合、入出力を実行できます。

保護実行モードでは、外部ストアド プロシージャは、'tdatuser' (Teradata Databaseインストール プロセスで作成されるローカル オペレーティング システム ユーザー)の別個のプロセスとして実行されます。

外部ストアド プロシージャは、tdatuser が権限を持つシステム リソースにアクセスできます。

プロシージャは、完了前にオープンしているリソースを解放する(つまり、ハンドルを閉じる)必要があります。

保護実行モードの詳細については、保護モードでの実行を参照してください。