17.00 - 17.05 - GLOPデータの管理 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下に、GLOPデータの管理に関係する作業のリストを示します。

  1. データベース初期化プログラム(DIP)ユーティリティを使用してDIPGLOPスクリプトを実行し、DBCExtensionデータベースとそのテーブルおよびストアド プロシージャを作成します。

    DIPおよびDIPGLOPスクリプトの詳細については、<Teradata Vantage™ - データベース ユーティリティ、B035-1102>を参照してください。

  2. 必要なGLOPデータの型を判別します。

    GLOP型の詳細については、GLOP型を参照してください。

  3. GLOPセット定義を作成します。

    詳細は、GLOPセット定義の作成を参照してください。

  4. GLOPデータおよびマッピングをGLOPセットに追加します。

    詳細は、GLOPセットへのマッピングおよびデータの追加を参照してください。

  5. GLOPデータを使用するCまたはC++外部ルーチンを作成します。

    詳細は、C/C++外部ルーチンでのGLOPデータの使用を参照してください。

  6. 外部ルーチンをGLOPセットのメンバーにする外部ルーチンの定義を作成します。

    詳細は、GLOPセットのメンバーになるを参照してください。