17.00 - 17.05 - 構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
void
FNC_GetStructuredAttribute ( UDT_HANDLE  udtHandle,
                             char       *attributePath,
                             void       *returnValue,
                             int         bufSize,
                             int        *nullIndicator,
                             int        *length )
UDT_HANDLE udtHandle
UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャへの入力パラメータであると定義されているSTRUCTURED型UDTへのハンドル。
char *attributePath
属性に至る絶対パス(ピリオドを区切りとする)。
例えば、PersonUDTというSTRUCTURED型UDTがあり、それにはAddressUDT型のaddressという属性があり、その属性にはzipcodeという属性があるとします。zipcode値を取得するための絶対パスは「address.zipcode」です。
void *returnValue
属性の値を戻すためにFNC_GetStructuredAttributeによって使用されるバッファを指すポインタ。
int bufSize
returnValueバッファのバイト単位のサイズ。
int *nullIndicator
属性がNULLかどうかを示す標識。
nullIndicatorの値
  • -1の場合、その属性はNULLです。

    値が-1なら、指定した属性への絶対パスのうち、それより前の部分にNULL属性が含まれている可能性もあります。

  • 0の場合、その属性はNULLではありません。
int *length
FNC_GetStructuredAttributeが、returnValueに入れて戻した値のバイト単位のサイズ。
文字データ型の場合、NULL終了文字があればそのサイズも長さに含まれます。