17.00 - 17.05 - ARRAY型を使用する関数の定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

ARRAYデータ型とは、特定の同一データ型の構成要素を定義した数だけ保持する、名前付きのデータ型のことです。 ARRAYデータ型は、1次元または複数次元になるように定義して、多数の同一データ型の値を順に格納したり、行列のような形式で格納したりできます。 これにより、テーブルの1つの行に、同じ型のデータ値を多数格納できるようになります。

Teradata Databaseでは、1次元(1-D)のARRAYデータ型と、複数次元(n-D)のARRAYデータ型をサポートしています。 ARRAY入力パラメータおよび出力パラメータは、UDF、UDM、およびCまたはC++で作成された外部ストアド プロシージャに定義できます。