17.00 - 17.05 - TD_ANYTYPE型を使用する関数の定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradata Databaseには、すべてのシステム定義のデータ型を受け入れる、TD_ANYTYPEというパラメータ データ型があります。TD_ANYTYPEは、次のパラメータのデータ型として指定できます。
  • スカラー関数、集約関数、およびテーブル関数の入力パラメータ
  • スカラー関数および集約関数の結果パラメータ
  • 外部ストアド プロシージャのIN、INOUT、またはOUTパラメータ
TD_ANYTYPEは次の場合に使用できません。
  • テーブル演算子の戻り型として
  • JavaでUDMを記述することはできないため、UDMにおける入力パラメータと戻り値として
  • UDTパラメータはJavaルーチン内でサポートされないため、UDTパラメータと表記するため

このパラメータの属性と戻り値の型は、ルーチンに渡された実際の引数に基づいて、実行時に決定されます。

TD_ANYTYPEパラメータは、Javaルーチン内でjava.lang.Objectにマップされます。java.lang.Objectは、UDFにおいてはTD_ANYTYPEパラメータに対応するJavaパラメータ型として指定する必要があります。