17.00 - 17.05 - システムV IPCおよびPOSIX IPCの使用上の問題 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradataは、UDF、UDM、および外部ストアド プロシージャにシステムV IPC、またはセマフォー、ミューテックス、条件変数および共有メモリなどのPOSIX IPCを使用しないことをお勧めしております。 Teradata Cライブラリは、これらのIPCリソースの割り当てや割り当て解除用のFNC関数は提供しておりません。 セッション アボートや予期せぬイベントが原因で、Teradataが外部ルーチンの実行スレッドやプロセスを中断する場合には、これらのIPCリソースがシステム内でクリーンアップされずに残る恐れがあります。 まれなケースとして、これによりシステムのハングやOSリソースのリークが生じることがあります。