17.00 - 17.05 - getQueryBandValue(String QBandBuf, int QB_SearchType, String QBName) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

QBandBuf入力引数によってポイントされるクエリー バンド文字列でトランザクション、セッション、プロファイルの名前/値ペアを検索し、指定された名前についての値を取得します。

引数

引数 説明
QBandBuf クエリー バンド文字列。クエリー バンドは、以下のいずれかにすることができます。
  • QueryBand.getQueryBand()によって戻される
  • DBC.DBQLogTbl.QueryBand列から取得される
  • 呼び出し側によって指定される
QB_SearchType getQueryBandValue()が、トランザクション、セッション、プロファイルのクエリー バンドで名前/値ペアを検索するかどうかを指定します。
  • QueryBand.QB_FIRST、ひいては最初の名前/値ペアの値を戻します。名前は、QBName入力引数によって指定されます。クエリー バンド文字列にトランザクション、セッション、プロファイルの名前/値ペアが含まれる場合、getQueryBandValue()は、次の順番で名前/値ペアを検索します。
    • トランザクション用クエリー バンド
    • セッション用クエリー バンド
    • プロファイル クエリー バンド
  • QueryBand.QB_TXNの場合、クエリー バンドでトランザクション名/値ペアを検索し、QBName入力引数によって指定される名前についての値を戻します。
  • QueryBand.QB_SESSIONの場合、クエリー バンドでセッション名/値ペアを検索し、QBName入力引数によって指定される名前についての値を戻します。
  • QueryBand.QB_PROFILEを指定すると、クエリー バンドでプロファイル名/値ペアを検索し、QBName入力引数によって指定される名前についての値を戻します。
QBName 値を戻す名前/値ペアの中の名前。