17.00 - 17.05 - DATASET定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

このセクションでは、DATASETデータへのアクセスまたはその操作を実行する外部ルーチンで使用するsqltypes_td.hに定義されたデータ構造について説明します。

DATASET_HANDLE

DATASET引数は、DATASET_HANDLEを使用して外部ルーチンに渡されます。DATASETデータを渡すために使用されるDATASET_HANDLEは、sqltypes_td.hで次のように定義されます:
typedef int DATASET_HANDLE;

dataset_schema_encoding_en

一部の外部ルーチンには、処理中のスキーマ テキストのエンコードの指定が必要です。dataset_schema_encoding_en enumには、次の情報が含まれています。完全な定義については、sqltypes_td.hを参照してください。
  • datasetSchemaUTF8 = 0
  • datasetSchemaUTF16 = 1
sqltypes_td.hには、次の定義も含まれています:
typedef Byte dataset_schema_encoding_t;

dataset_storage_en

dataset_storage_en enumはDATASET型のストレージ形式を指定します。次の値が含まれます。完全な定義については、sqltypes_td.hを参照してください。
  • DATASET_INVALID_EN=-1
  • DATASET_Avro_EN=0
  • DATASET_CSV_EN=1
sqltypes_td.hには、次の定義も含まれています:
typedef BYTE dataset_storage_et;