17.00 - 17.05 - パラメータ リスト - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

UDFのパラメータ リストは、非常に独特です。これには、DML文中にUDFが使用されている場合にTeradata Databaseが渡す入力パラメータが含まれます。さらに、UDFの結果やSQLSTATE結果コードを戻す出力パラメータも含まれます。

1つのUDFに対して、0~128個の入力パラメータを使用できます。UDFの入力パラメータや戻り型として使用する型は、関数呼び出しでのSQLデータ型に対応します。詳細は、SQLデータ型のマッピングを参照してください。

採用するパラメータ受渡し規則によっては、それ以外にパラメータが必要になることがあります。

ほとんどの場合、パラメータはデータへのポインタとして指定します。