17.00 - 17.05 - 概要 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.00
17.05
Published
2020年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1147-170K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のセクションでは、Java UDFおよび外部ストアド プロシージャ(まとめて外部ルーチンと呼びます)で使用することを目的としてTeradataがjavFnc.jarアーカイブで提供している、Javaアプリケーション クラスについて説明します。

このセクションでは、現在サポートされているパブリック メソッドのみを記載しています。

Java外部ルーチンでは、TeradataがjavFnc.jarアーカイブで提供する以下のアプリケーション クラスを使用できます。

外部ルーチン 動作または状態 使用するアプリケーション クラス
Java UDFまたは外部ストアド プロシージャ SQL BLOB型パラメータを使用し、CREATE/REPLACE FUNCTION文またはCREATE/REPLACE PROCEDURE文でNO SQLのデータ アクセス句を指定する場合 com.teradata.fnc.Blob
Java UDFまたは外部ストアド プロシージャ SQL CLOB型パラメータを使用し、CREATE/REPLACE FUNCTION文またはCREATE/REPLACE PROCEDURE文でNO SQLのデータ アクセス句を指定する場合 com.teradata.fnc.Clob
Java UDFまたは外部ストアド プロシージャ UDFまたは外部ストアド プロシージャの現在の実行に関連するセッション情報を取得する必要がある場合 com.teradata.fnc.DbsInfo
Java UDFまたは外部ストアド プロシージャ デバッグを行なうため、CREATE GLOBAL TEMPORARY TRACE TABLE文によって定義された一時トレース テーブルにトレース出力を書き込む場合 com.teradata.fnc.TraceObj
Java UDFまたは外部ストアド プロシージャ セッション、トランザクション、プロファイルのクエリー バンド情報にアクセスする必要がある場合 com.teradata.fnc.QueryBand
Java UDF 集約UDF com.teradata.fnc.Phase
com.teradata.fnc.Context
Java UDF テーブルUDF com.teradata.fnc.Tbl
com.teradata.fnc.AmpInfo
com.teradata.fnc.NodeInfo
Java UDF テーブル演算子 com.teradata.fnc.operator
com.teradata.fnc.operator.MetaData
com.teradata.fnc.runtime
Javaアプリケーション クラス 説明
com.teradata.fnc.Array JavaルーチンへのARRAY/VARRAY型パラメータは、java.sql.Arrayにマッピングされます。java.sql.Arrayインターフェースは、SQL ARRAY値のデータをクライアントに配列またはResultSetオブジェクトとして送信する方法を提供します。com.teradata.fnc.Arrayクラスによって実装されます。
com.teradata.fnc.SQLXML JavaルーチンへのXML型パラメータは、java.sql.SQLXMLにマッピングされます。java.sql.SQLXMLインターフェースでは、SQL XML値のデータをクライアントにString、ReaderまたはWriterとして、あるいはStreamとして送る方法が提供されます。java.sql.SQLXMLインターフェースは、com.teradata.fnc.SQLXMLクラスによって実装されます。
com.teradata.fnc.ST_Geometry ST_Geometryデータ型はオプションでcom.teradata.fnc.ST_Geometry Javaクラスにマッピングすることができます。

Geospatialデータは、WKT (Well-Known Text)またはWKB (Well-Known Binary)形式で、入力ST_Geometry値からのCLOB (WKTの場合)またはBLOB (WKBの場合)として取得できます。どちらの形式も同じ各CLOB型およびBLOB型によって戻りST_Geometryに書き込むことができます。

com.teradata.fnc.Struct STRUCTURED型UDTおよびPERIODデータ型はjava.sql.Structインターフェースにマップされます。java.sql.Structインターフェースはcom.teradata.fnc.Structクラスによって実装されます。